お知らせ・イベント

一覧へ戻る

【プレスリリース】人工知能を活用した完全成果報酬タイプの見込み客選定・獲得システム 「SALES BASE NIKITA」の提供を開始


 ビッグデータを活用したクラウドインサイドセールス事業を展開する株式会社WEIC(本社:東京都中央区 代表取締役社長:内山雄輝 以下、WEIC)は、400万件の独自企業データベースとこれまでの法人営業支援によって獲得したBANT※等の膨大な営業データを人工知能で解析することで、最適な見込み客を予測し、ターゲットリストを作成し、情報提供許可を得られた見込み客担当者情報(リード)を自動で追加する、見込み客選定・獲得システム「SALES BASE NIKITA」の提供を開始しましたのでお知らせいたします。(NIKITAサービスサイト:http://nikita.weic.co.jp) 
 ※BANT:Budget(予算)、Authority(決裁権)、Needs(必要性)、Timeframe(導入時期)




NIKITA LOGO



 「SALES BASE NIKITA」は、日本初となるターゲット抽出とリード獲得を自動化するクラウドサービスです。ユーザが、自社の商品・サービス情報を登録すれば、SALES BASE NIKITAに搭載される新開発のターゲット抽出エンジンが、SALES BASE NIKITAに蓄積された膨大な法人営業データを分析し、ユーザそれぞれの商品・サービスに合致したターゲットリストを生成し、そのターゲットに対して獲得できるリード獲得率を算出します。抽出されたターゲットに対して、SALES BASEのインサイドセールスセンターがコンタクトを実行し、情報提供許可が得られた最新の担当者リードやアポイントがSALES BASE NIKITAに追加されます。


見込客数と獲得率をシミュレーション


【解決できる課題】


 現在法人営業でよく利用されている資料請求サイト等のリード獲得方法では、アプローチしたいターゲットを選んでリードを獲得することは出来ません。獲得できる数にも限界があります。更に、一括資料請求などによって自社の商品・サービスに興味のないリードまで獲得され、それに対して1件約1万円の成果報酬課金が発生している状況が見られます。法人営業は、ターゲットを選んでアプローチするABM(Account Based Marketing)が主流になっており、市場を抑えるために、ターゲットに興味を抱かせ、情報提供許可を得たリードをまず大量に蓄積することが求められています。SALES BASE NIKITAでは、ターゲットの選定、リード数の確保、情報提供許可を得た最新のリード獲得を実現し、獲得難易度を考慮した完全成果報酬型でスタートできることが大きな特徴となっています。



【SALES BASE NIKITA のサービスフロー】


フロー


この件に関するお問い合わせ先


●導入をご検討のお客様
SALES BASE事業部
電話:050-5893-9190/Email:salesbase@weic.co.jp

●報道関係者
広報担当
電話:050-5893-9187/Email:pr@weic.co.jp

一覧へ戻る

top