お知らせ・イベント

一覧へ戻る

【プレスリリース】フィナンシャル・タイムズHigh-Growth Companies Asia-Pacific1000 474位にランクイン

ビッグデータと人工知能を活用し、自動的にリードとアポを供給するインサイドセールスプラットフォームを展開する株式会社WEIC(本社:東京都中央区 代表取締役社長:内山雄輝 以下、WEIC)は、フィナンシャル・タイムズHigh-Growth Companies Asia-Pacific1000(アジアの急成長市場ランキング)474位にランクインいたしましたことをお知らせいたします。



フィナンシャル・タイムズのHigh-Growth Companies Asia-Pacific1000について


High-Growth Companies Asia-Pacific1000はフィナンシャル・タイムズ社とStatista社による急成長企業ランキングです。アジア地域でのランキングの発表は今回が初めてで、アジア太平洋地域の企業を対象に、2013年から2016年の売上高成長率を元に順位が決定されます。
当社は今後も日本の法人営業をテクノロジーで改革すべく、自動的にリードとアポが追加されるインサイドセールスプラットフォーム「SALES BASE」をクラウドで展開することで、皆様の営業パイプラインの強化と科学的なインサイドセールスの普及に貢献し、持続的な成長を目指してまいります。



WEICについて


WEICは、テクノロジーの力により営業活動の変革を目指すセールス・テック・ベンチャーとして、「日本の法人営業をもっと簡単に!」をスローガンに、ビッグデータと人工知能を活用し優良リードをクラウドで供給しナーチャリングを実行するクラウドインサイドセールス事業を展開しています。リードとアポが自動で供給されるインサイドセールスプラットフォーム「SALES BASE」は600社以上の企業で利用され、日本でもっとも成長しているインサイドセールス運用システムとして注目されています。CRMやSFAなどの各種システムと連携し、営業現場の生産性の向上や働き方改革をトータルで支援するビジネスサポートカンパニーです。


ランキング一覧はこちらから


本件に関するお問い合わせ先


株式会社WEIC 経営企画室:伊藤
pr@weic.co.jp

一覧へ戻る

top