『日本で活躍できる外国人人材』
を育てる

日本語力ゼロ~超上級までのすべてのレベル対象。
日本語基礎、ビジネス会話、ビジネスマナーなど、必要性に応じた
内容をカスタマイズで提供します。

外国籍社員向け日本語教育プログラム

本社で働く外国籍社員を対象に、現地の日本語学校と連携して行う日本語教育プログラムです。
採用時に日本語がゼロレベルでも、来日までの時間を活かして研修を実施することで効率よく優秀な人材を育成することができます。

現地での日本語教育は、採用側にも内定者にも大きなメリットがあります。

  • 入社までの期間を有効活用!

    現地にて日本語研修を行うことで、採用から来日までの期間を有効に活用できます。現地に日本語学校がない場合は、オンラインレッスンにて対応可能です。

  • 内定者のフォロー、
    リテンションにもなる!

    内定者に対して能力向上の機会を与えるという手厚いフォローにもなり、優秀な人材を確保・維持するための施策として有効です。また、言葉の不安を取り除くことで、安心して来日することができます。

  • 日本で研修を行うよりも低コスト!

    現地の日本語学校を利用するため、研修場所や宿泊施設などを用意する必要がなく、日本での研修よりも低コストで行うことができます。

日本語学校のない遠隔地でも安心

  • 日本語プログラム提携校のない場所でも、オンラインレッスン(マンツーマン)による研修が可能です。また、eメールによる通信型のビジネスライティング添削講座を組み合わせることでライティング力も強化できます。
  • 日本語プログラム海外提携校のある場所

    中国、韓国、ASEAN諸国、インド、その他ケースによる

  • オンラインレッスン

    image

    パソコンとインターネット環境さえあれば、どこでもレッスン可能です。マンツーマンレッスンなので受講者の方のレベルに合わせてレッスン頻度・学習内容などを自由にカスタマイズできます。

    <ご用意いただくもの>
    Skype(無料のテレビ電話ソフト)、ヘッドセット、Webカメラ

  • ビジネスライティング添削講座

    image

    eメールによる通信型の講座で、生徒が書いた日本語文章を添削して、上達のポイントをアドバイスします。
    フォーマルなビジネス文書やeメールの日本語表現とフォーマットを学習し、分かりやすく、端的に相手に伝わる文章を書く練習をします。

学習状況の一元管理で、日本語レベルを
一定に引き上げる

現地日本語学校での研修は、国や学校の違いにより、到達レベルのバラつきが問題となるケースがあります。
本プログラムでは、毎月日本側で各自のレベルを正確に把握し、適切なフォローをすることで、日本語レベルの平準化、底上げをはかります。

学習報告例

入社後も出張講師による集中レッスンで、
ビジネスレベルの日本語を目指す

image

ビジネスレベルの日本語を目指したい方は、入社後も引き続き、出張講師による教室型レッスン(※)を受講することができます。
レッスン内容・回数は到達目標とそれまでの期間に応じて、カスタマイズ可能です。

※遠隔地の方には、オンラインレッスン・ビジネスライティング添削講座による研修が可能です。

  • 教室型レッスン概要
  • 人数
    1名~
    期間
    3ヶ月~6ヶ月
    形式
    少人数制教室型レッスン
  • 頻度
    1週間に2〜4回(1回90〜120分)
    場所
    御社会議室(もしくは各拠点の会議室)

スケジュール例 <春入社の場合>

現地での研修期間は3ヶ月〜6ヶ月、日本国内での研修期間は3ヶ月〜12ヶ月となります。必要期間は、職種や各企業様での目標設定により異なります。

image

導入事例

  • 大手ITサービス会社様

    課題
    インドにいる内定者に来日まで日本語初中級レベルを身につけてもらいたい
    解決!
    現地の日本語学校での合宿で生活上不自由しない日本語力を習得
  • 大手コンサルティング会社様

    課題
    日本でのビジネスで接客ができるレベルまで日本語力を上げたい
    解決!
    ロールプレイを交えた短期集中ビジネス日本語研修で即戦力の日本語人材を育成
  • 大手非鉄金属メーカー様

    課題
    日本語学校が無い遠隔地で採用した社員に日本語レッスンを受けさせたい
    解決!
    オンラインレッスンで世界中どこでも高品質のレッスンを受講
top